« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

どうなのかな? 様へ。(返還金額について)

昨日の 返還手続き終了の記事に対しまして

コメント頂きまして ありがとうございました。

実際の返還金額の記載をしていなかったので、

詳細が分かりませんでしたこと、 

お詫び申し上げます。

控訴審判決で出ました、セレマさんの取りすぎ分に、

取りすぎ分に対する遅延損害金(訴状送達翌日

以降の民法所定の年5分の割合)が加算された額が、

返金されます。

父と私の分 合わせまして、128,486円の

返還となります。

そこから弁護士の先生の報酬10%(第1陣)の

12,849円 をお支払いし、最終手元には、

115,637円 返還されることになります。

セレマさんに払わないといけない確定した解約手数料が 

遅延損害金で まかなわれた結果となりましたので、 

もともとセレマさんが取られた高額の手数料と 

ほぼ同額の金額が返還される結果となりました。

ただ、父の契約に関し、今回の訴訟対象外の契約分

の解約手数料として83,560円別に払っておりますので、

差し引きしたら、32,077円になりますが、

訴訟対象外の件は 仕方のないことですので、 

考えるべきではないと思います。

ですので、結果的に11万以上の金額が返還

されることになりましたので、ホッとしております。

平成20年9月の差し止め訴訟の事を、 

新聞の報道で知りまして、訴訟担当弁護士事務所に

相談に行きました。弁護士の先生からの

『おかしいと思うことに、声をあげていきませんか!』

との主旨に賛同し、集団訴訟をされる場合は、

原告に入らせて頂きたい旨をお伝えし、現在に

至っています。

長期間にわたり、ご対応いただきました

担当弁護士の先生方には 感謝の気持ちで

一杯です。

また、長期にわたり暖かく見守って頂きました

読者の皆様に対しましても、感謝の気持ちで

一杯です。

ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

セレマ 集団訴訟 解約金返還手続き 終了

いつも当ブログをご確認いただきまして 

ありがとうございます。                              

昨日、セレマ集団訴訟 担当代理人である

弁護士の先生より 書類が届きました。

memo

解約金の返還金の振り込み先口座の申請依頼でした。

今回、控訴審判決にて確定した解約返還金から、

弁護士の先生の報酬を差し引いた金額が、

返金されることとなります。      

母(父 権利相続 1/

私(父 権利相続 1/2 + 自分の分)宛てに

返還されますので、それぞれの振込先口座を、

申請書に記載しまして、弁護士事務所へ 

お伝えしました。   

今回、お世話になりました弁護士の先生方には、

本当に 感謝の気持ちで 一杯でございます。   

そして、暖かく 最後まで見守って頂きました

読者の皆様にも 感謝の気持ちで一杯です。  

この場をお借りしまして 厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »